Category Archives: 未分類

示談交渉を依頼


電卓さて、加害者側は基本的にプロである保険会社を示談に用いてくるという話が出ましたが、被害者側は自分一人で孤独に戦うしか方法がないのでしょうか。そんなことはありません。被害者側も交通事故関連に強い弁護士に相談したり、示談交渉を依頼したりということも可能です。

しかし弁護士に仕事として依頼したらお金がかかるからかなり損をしてしまうじゃないかと心配する人もいます。実際のところどの程度の損害賠償金が請求できて、弁護士費用がどれだけかかるかは事故の種類によって違ってきますので、この点はしっかりと見極める必要があるのは事実です。

しかし根本的に請求する損害賠償金額というものが、弁護士基準で請求するのでかなり保険会社が自分たちで提示してくる額よりも高くなることが普通です。多くの場合保険会社が提示してきた金額と被害者側の弁護士が出した金額の間を取るということが多いわけですが、このように弁護士が介入することによって損害賠償金額の基準が上がりますので、最終的な金額面でもメリットやデメリットを考える時にはこの点を考慮に入れて物事を考えていく必要があります。また金額面でのことだけでなく、こちらもプロに任せられるという精神的な安心感がなによりも大きいのではないでしょうか。示談交渉を自分だけで頑張るのではなく弁護士に依頼するというアイデアも覚えておきましょう。

推奨サイト_交通事故示談の交渉を依頼する

示談の注意点とは


示談をおこなう上で気をつけたいのは早まって結論を出してしまうことです。保険会社の方はプロですし、なるべく低い金額の保険金で済むように、またなるべく早く示談を成立させることを目指してきます。なんとなくそうしたペースに飲まれて早まって示談を進めてしまうと単に損害賠償金額の高低だけでなく、後遺障害などがあとから明らかになった場合にもうそれ以上損害賠償の請求ができないという事態にもなりかねません。忘れてはいけないのは、示談というものは被害者と加害者の両方の合意がないと成立しないものだという基本的な部分です。焦らず、申し訳なく思わず「症状固定してから示談にします」と先方に伝えることが重要です。

人身事故またケガがひどくない場合、特に事故直後に別段すごく痛みがあるわけではない場合などに安易に物損事故として届け出をしてしまうというケースもあります。しかし物損事故ではそもそも慰謝料を請求することができないほか請求できる示談金の金額がかなり低くなってしまいます。

実際交通事故による身体の不調というのは後から出てくることもありますので、少しでも違和感があればきちんと人身事故として届け出るのがベストでしょう。また一度物損事故として届けても後から人身事故に切り替えるということも可能です。

タイミングはいつ?


交通事故の示談というものはケースバイケースで始まるタイミングはいろいろです。事故発生からすぐに示談が開始される場合もありますし、相当の時間が経過してからやっと示談スタートとなる場合もあります。ですから示談を始めるタイミングというのはその事故のタイプによってさまざまで異なるということがわかります。ある程度の期間治療に通うようなケガの場合は基本的に治療が終了してから示談開始ということになるのが普通です。もちろん大きなケガになると後遺障害が残る場合も考えられます。

そのような場合は症状がそれ以上良くならないという結論になってから症状固定をおこない、医師によって交通事故後講師障害診断書が作られます。そしてその後示談が開始されるという流れになります。

警察一方軽度の交通事故の場合は事故後すぐに示談に入り早期に解決を目指すことも少なくありません。何度も言うように交通事故というのはとても煩わしくショックなことなので早くすべて解決したいと重い、口約束やちょっとした話し合いで示談終了とすることもあるのです。確かに軽い事故の場合こうした示談のやり方をしてしまいそうになるかもしれませんが、後々問題やケガが大きくなる可能性も捨てきれないので、やはりきちんと警察に届け医師の診断を受けてから示談に入るようにしましょう。

交通事故で示談


事故交通事故というのは起きてしまうと加害者も被害者も大変重い気持ちになるもので、誰もが避けたいトラブルです。そうは言っても自動車免許を取得した多くの人が人生の中で一度くらいは経験してしまうものでもあります。定期的に運転する方でずっと無事故無違反の方は本当に尊敬に値する方です。もちろん交通事故の危険は自動車を運転している人だけに関係があるわけではありません。

同乗者の方はもちろん、歩行者として、あるいは自転車などで街中を歩行また走行している人にとってもいつ自動車と接触したりして大きなケガをするかわからない世の中なのです。こうした交通事故は突如として身に降りかかるものですので、そのような事態になったときにどのように対処すべきか普段から知っておくのは助けになります。

交通事故の後処理で結構多いのが示談という解決方法です。示談と聞くと自分で話し合ってお金の話をして解決するというイメージでしょう。しかし自分が被害者になった場合に自分で示談するというのは思っている以上にさまざまな困難が伴うものです。なぜなら加害者の側は普通保険会社によって示談をしてきますので、日々交通事故の示談を扱っているプロである保険会社が相手となってしまうわけです。それで交通事故の示談に関する知識は実際に事故の被害に遭ってから慌てて調べても事故のショックなどもあり、なかなか適切に物事を進めていくのが難しいでしょう。どのようなタイミングでどんな点に気をつけるべきか前もって調べておくことが必要です。